公益財団法人 えどがわ環境財団

文字サイズ
menu
MENU

水とみどり・花の情報WATER,GREEN and FLOWER INFORMATION

2020年02月の花見ごろ情報

なぎさ公園展望の丘,100本の河津桜が満開に

2月21日(水)撮影

 

開花から4週間、なぎさ公園の河津桜(カワヅザクラ)が満開を迎えました。

 

 

100本の河津桜が満開の景色は壮観です。。

 

 

河津桜は、寒緋桜(カンヒザクラ)と大島桜(オオシマザクラ)との自然交配種と推定されています。

 

 

 

「あおくん」に乗ってのお花見も、この日は暖かく乗客の皆さん楽しそうでした。

 

 

 

 4月は色とりどりのツツジが咲き揃う展望の丘も、今の季節は河津桜のものです。。

 

 

 

 南側の園路も河津桜の並木ですが、10年後は河津のトンネルになっていることでしょう。

 

 

 

 

展望の丘の頂上です。サクラ越しに旧江戸川を眺めるのも、今だけです。

 

 

 

この旧江戸川に水上バスが運航したのは平成元年10月でした。今でもなぎさ公園の川岸に発着場が残っています。水上バス運航のために旧江戸川の浚渫を行い、その発生土で作られたのが展望の丘です。標高13.5mあります。水上バスは平成12年9月に残念ながら廃止されました。

 

 

 

 この展望の丘に「(仮称)江戸川区角野栄子児童文学館」が2022年にできます。上の写真の草地が建設予定地です。

 

 

 

「魔女の宅急便」の作者で、児童文学のノーベル賞といわれる「国際アンデルセン賞作家賞」受賞者、角野さんと江戸川区がコラボしてできる児童文学館が、100本の河津桜に囲まれる景色を想像してください。

 

 

 

 

 

 

 


2020年02月26日

カンヒサクラ(寒緋桜)が開花しました

2月25日(火)

 

江戸川区内で寒緋桜(カンヒザクラ)が開花しています。

 

 

 

 かつて農業用水としての役割を果たした興農用水は、平成4年3月に興農親水緑道としてよみがえり、寒緋桜が41本植えられ、篠崎一丁目1番付近に多く植えられています

 

 

 

寒緋桜はサクラの原種のひとつで、緋寒桜・台湾桜・緋桜などとも呼ばれています。

 

 

釣鐘状の下向きの花が特徴で、中国でも「鐘花櫻花」と呼ばれています。

 

 

 早咲きの桜はほとんどが寒緋桜を親としています。河津桜(カワヅザクラ)も大島桜(オオシマザクラ)と寒緋桜との雑種といわれています。大寒桜(オオカンザクラ)も同じ系統です。

 

 

 

新川千本桜にも新渡橋の10mほど上流に、寒緋桜が1本ですが植えられています。

 

 

花数が少なくまだ蕾のようです。

 

 


2020年02月25日

河津桜にメジロ、ヒヨドリが集まっています

 

旧中川

満開のカワズザクラ(河津桜)に、メジロやヒヨドリが吸蜜にやってきます。

 

 

メジロは果汁や花の蜜などの甘いものを好み、河津桜(カワヅザクラ)が咲くと鵯(ヒヨドリ)と一緒に吸蜜にやってきます。

 

 

 

 目の周りが白くメジロの名の由来でもあります。英語でもWhite-eyeと呼ばれます。

 

 

 

体長約12㎝と雀(スズメ)より小さな鳥で、日本の野鳥では最も小さい部類に入ります。 

 

 

 

 メジロにはお互いに体を押しあうように枝に並ぶ習性があり、混みあっていることや物の多いことを「メジロオシ」というようになりました。

 

 

 

メジロがサクラの蜜を吸っていると、ヒヨドリがやってきて餌場を追い出されることがあります。

 

 

ヒヨドリは全長約27.5㎝あり、小さなメジロを追い出し吸蜜します。満開の花がたくさんあるので、仲良く蜜を吸えばよいのに、自然界は厳しいものがあるようです。

 

 

桜を見に来る人も、ヒヨドリよりもメジロが好きな方が多いようです。

 

 

ヒヨドリが好きという方もいるのでしょうか。 

私もメジロが可愛いと思います。仕方ありませんね。

 

 


2020年02月22日

旧中川 河津桜が満開になりました。

 

旧中川

撮影2月21日(金)撮影

 

 

1月31日に開花した旧中川の河津桜は、3週間後にほぼ満開となりました。

 

 

 

 28本のカワヅザクラ(河津桜)がほぼ満開です。オオカンザクラ(大寒桜)も開会が始まっています。

 

 

 

 今年のサクラは開花が早いようです。3月15日はソメイヨシノも開花とか予想されていますが、暖冬の影響でしょうか。

 

 

 

明日も晴れるようです。どうぞ暖かい服装でお出かけ下さい。

川風はまだ冷たい時期です。

 

 

 


2020年02月21日

早咲きの梅が見頃、古川・抹香亭・船堀中公園

早咲きのウメ(梅)が区内各地で見頃を迎えています。

2月4日に新川の梅を紹介しましたが、見頃の梅を3か所ご案内いたします。

 

古川親水公園

2月5日(水)撮影

 

 

 

 古川橋と野瀬文橋(のせぶんばし、赤い橋)の間、赤門で有名な妙光寺の前あたりに、紅梅が数本花を咲かせています。

 

 

 

梅は500種以上の品種があるといわれています。

 

 

 

 

 

 船堀中公園

2月5日撮影

 

 

 

新川櫓橋(やぐらばし) の北にある船堀中公園の南に元気の良い紅梅が植えられています。

 

 

河津桜が咲き始めたが、まだ花の少ない新川を散策する方が、思わず眺める立派な紅梅です。

 

 

 

 船堀中公園は、元は船堀中児童遊園でしたが、拡張整備を行い平成25年に完成しました。その時植えられtのがこの紅梅です。

 

 

一之江抹香亭

2月4日撮影

 

 

一之江抹香亭の庭に、紅白の梅が並んで花を咲かせています。

白梅の根元近くの、藁で作った雪囲いも可愛いですね。

 

 

 

 「白梅もうす紅梅も灯と同じ」という稲畑汀子の句があります。

凛とした白梅、暖かく可愛い薄白梅、昼間は違いがはっきり分かるが夜の

ぼんやりした灯りでは違いがあまりわからない、人の世でも、、、、、。

そんなイメージの句なのでしょうか、梅は昼間、出来れば青空の下で眺めたいものです。

 

 


2020年02月12日

新川櫓橋の河津桜が開花しました。

2月7日(金)撮影

 

本日2月7日は寒い朝で、江戸川区でも初氷が見られました。

そんな中、新川の河津桜(カワヅザクラ)は、櫓橋(やぐらばし)際の 両岸に1本ずつ計2本が咲いていました。

 

 

 

新川橋近くの河津桜は、2月4日に開花しましたが、こちらは3日遅れの開花でした。

新川の左岸です。。

 

 

 

 淡いピンクの花が開きました。

 

 

 

コチラは右岸です。船堀中公園の紅梅は見事に咲いていますが、河津桜はなかなか咲きませんでした。しかし、本日2月7日に一輪咲きました。

 

 

 

 一輪でも咲くと桜は目立ちます。

 

 

 ほかの蕾も膨らんでいます。来週はたくさん咲いて、新川に春が来ます。

 

3月29日(日)には「新川千本桜まつり」「ウオーキング大会」も開催されます。

 

ぜひ、新川の春を満喫してください。

 

 

 


2020年02月07日

なぎさ公園・旧中川の河津桜、開花1週間後の姿。

2月5日(水)撮影

 

1月29日(水)に開花したなぎさ公園の河津桜(カワヅザクラ)を観に来ました

 

朝は寒かったが、今日2月5日は青空の広がる暖かな日となりました。

 

なぎさ公園の園路を中心に100本の河津桜が花開きます。

 

なぎさポニーランドの南に植えられた河津桜、先週は2本のみの開花でしたが、ほとんどの河津桜が開花しています。

 

 

 

 2週間後は満開でしょうか。

 

 

 

「あおくん」に乗っての桜見物はちょっと贅沢ですが、一度やりたいお花見ですね。

 

 

 

 お花見は青空の下が最高です。

 

 

 

 南側の園路も河津桜の並木ですが、先週は1本のみの開花でしたが本日は全ての木で咲いていました。。

 

 

 

これから日々開花が続きます。

 

 

 

展望の丘の園児たちは元気に走り回り、楽しそうでした。

 

 

旧中川

撮影2月5日(水)撮影

1月31日に開花を確認した旧中川の河津桜を、本日2月5日(水)午前、開花状況の確認(お花見)に来ました。

 

 

 

 28本の河津桜の内、10本ほどが咲いていました。旧中川には3月に咲くオオカンザクラ(大寒桜)も混じっていますので、全体にはまだ寂しい感じです。

 

 

 

 しかし、個体によってはこんなに咲いている河津桜もあります。

 

 

 

明日も晴れるようです。どうぞ暖かい服装でお出かけ下さい。

 

 

 

週末も晴れそうです。運が良いと「メジロ」にも会えるかもしれません。

 

 

 


2020年02月05日

新川で河津桜が開花、そして紅白の梅、水仙も。

2月4日(火)撮影

 

昨日は節分、今日は立春で暦の上では春です。

新川の河津桜(カワヅザクラ)は、新川橋の東(右岸)に2本、櫓橋(やぐらはし)の 両岸に1本ずつ計4本の河津桜が植えられていますが、新川橋の2本が咲いていました。

 

 

 

この2本の河津桜は5年ほど前に植えられた若木ですが、例年先に開花します。

 

 

 

 淡いピンクの花が開きました。

 

 

 

他の蕾も開きかけています。2月下旬が満開でしょうか。

 

 

 

 右岸を100mほど西に歩くと、紅梅が見事な花をつけていました。

 

 

花数が多く開花も早く、早春の新川を彩ります。

 

 

 

 八重の花がにぎやかです。

 

 

 紅梅から20mほど西に、白梅も咲いていました。

 

 

白い一重の花が、清楚な美しさを見せます。

これから花数も増えます。 

 

 

 

 「梅一輪 一輪ほどの 暖かさ」の句が浮かぶ、今日の新川の暖かさです。

 

 

白梅の根元に植えられた、水仙も咲いていました。

 

 

植樹帯の水仙も春を告げています。

 

 

 水仙の英名はNarcissusです。花言葉は英名の通り「自己愛」。

 

これからの季節、新川は19種の桜を始め花盛りです。

3月29日(日)には「新川千本桜まつり」「ウオーキング大会」も開催されます。

 

ぜひ、新川の春を満喫してください。

 

 

 


2020年02月04日

より良いサイトへと改善するためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は皆様のお役に立ちましたか?(必須)

このページに対するご意見・ご要望がありましたらご記入ください。(任意)
なお、ご意見お問い合わせへの返信は行っておりませんのでご了承ください。