江戸川区自然動物園

こんなの撮れました

魅力的なヘビさん

2017年06月23日

 

ヒバカリさんデビューです。

飼育係のお話に先月からヒバカリさんにも登場してもらっています。

ヒバカリ①

小型のヘビなので、みなさん口々にカワイイ~の連発です!

 

おはなしの様子 6月のおはなし
※画像のヘビはアオダイショウです。

 

ヘビに対して、あまり良い印象を持たない人が多いと思いますが、

それは、彼らを知らないからで、良く知ると不思議いっぱいの

なんとも魅力的な生き物だと気づいて頂けると思います。

 

これからも、ヘビや爬虫類の魅力を伝えていき彼らの熱狂的ファン

を一人でも増やしていきたいと考えています。

 

 

 つぶらな瞳☆

ほら、かわいい目をしてるでしょ?

コウノトリの美脚のヒミツ

2017年06月18日

 

 

日本の特別天然記念物である、コウノトリ。

 

かつては日本の野生の個体が絶滅し、保護施設にいる数羽だけ、という

本当に日本からいなくなる危機にあったこの鳥も、2017年2月現在、

全国の動物園や保護施設と野生の個体を合わせて、

およそ300羽(動物園+保護施設:約200羽 野生個体:約100羽)まで

数を回復することができました。

 

そのうちの1羽がここ、自然動物園にいるわけですが、

数多くある特徴の中でも、その細くて長い足は目を引くものがありますよね。

 

 

 

そんな中、座り込んでリラックスモードのコウノトリを発見。

 

 

 

 

でも、ちょっと待ってください。

 

よーく見るとなんだか違和感がありませんか?

 

なんだろう、このもやもやする感じ。   もしかして:恋?

 

 

 

 

 

写真をズームしてみました。

 

違和感のヒントは、赤い丸のところに注目!

 

…と言われても、まあ、普通にひざを曲げて座っていますよね?

 

では、みなさんもひざを曲げて正座みたいに座ってみましょうか。

 

 

よっこらしょ。(おっといけない、まだ20代なのに思わず口に…)

 

 

 

 

あれ~?

コウノトリはつま先が前を向いてるのに、

僕たちはつま先が後ろを向きますね?

 

これはいったいどういうことでしょう?

 

 

 

実はコウノトリのひざに見える赤い丸の部分、

あそこは足首なんです!

 

…いやいや、ほんとなんですよ?笑 

 

その証拠に、皆さんの足首を曲げてみてください。

コウノトリのようにつま先が前に向きますよね?

 

 

 

つまり、コウノトリの脚はヒトの脚と比べると

こういうことになっているわけです。

 

 

 

 

オレンジの丸:ひざから足首まで

 

緑の丸:足首から足の指まで

 

青の丸:足の指

 

 

 

最初にお見せした写真は

ヒトでいえば、足の裏全体をべたっとつけて

休んでいたようなものだったんですね。

 

 

まさか普段、ず~~っとつま先立ちをしているなんて! 

 

あの美脚(?)にはこんなヒミツがあったんですねえ。

 

 

 

 

(R)

 

 

 

 

ジャンボウサギのふくちゃん

2017年06月18日

先月から仔ウサギがデビューしましたが、ジャンボウサギのふくちゃんが好き好きモード。

お腹を見せて大喜び!!

 

 

のっかられても気にしないむしろのっかっちゃって下さいって感じです。

 

 

時々、こんな姿を見せてくれるふくちゃんはふれあいコーナーで触れるので是非、

会いにきてくださいね!!

 

江戸川区に住む小さなヘビ

2017年05月29日

江戸川区に住む小さなヘビ 写真

江戸川区に住む小さなヘビ、

その名はヒバカリ!

 

 

毒のない小型のヘビで、湿った場所を好み水にもよく入ります。

当然、泳ぎも得意です。

暑さが苦手で、主に朝や夕方にその姿を見ることが多いです。

野生での食べ物は、カエルやおたまじゃくし、魚、ミミズを食べています。

口角から首にかけて襟巻上に白の模様が入ります。

 

 

とっても小顔で襟巻きがオシャレなチャームポイントです ☆

 

おとなしい性格なので、見かけたらそっとしておいてね。

小さな小さな・・・?

2017年05月26日

雨あがりの午後、スタッフがバックヤードをあるいていると、なにやらぴょこぴょこ動くちいさな気配がしました。

ほら、ここ!!

指さしているところに何がいるかおわかりになりますか?

指さし

 

実は、小さな小さなカエルです。

どこから来たのでしょうか。

カエル

 

1円玉とくらべてみるとどれくらい小さいかがよくわかります。

比較

 

 

自然では、卵からかえったオタマジャクシがおとなのカエルになれる確率はとても低いです。

例えば、ヤマアカガエルという種類では、2万個の卵のうち、大人になれるのは20匹だと言われているそうです。

思わず、がんばって大人になってね!と声をかけたくなります。

さて、小さなカエルはかわいいですが、飼うのはむずかしいので、もし公園内で見かけても連れて帰らずにそっと見守ってあげてくださいね!

春ですねー!!

2017年04月28日

 みなさんはお花見に行きましたか?

 少し前のことですが、オタリアを見に行くと・・・

 

オタリア

 

ちゅらのひげに注目~!!

アップにして見ると・・・

 

オタリア

 

なんと、ちゅらのひげに桜の花びらが~!!

春を感じるオタリアのちゅらでした。

(U)

 

 

 

サイチョウのひなたぼっこ

2017年04月12日

 

 寒い寒い冬が終わり、ようやく暖かくなってきた今日この頃。

バードケージではサイチョウのナナちゃんがひなたぼっこをしていました。

 

 

サイチョウ1

 

 

しばらくすると…

 

 

サイチョウ2

 

 

気持ちよくなってきたのか、だんだんと首が曲がってきて…

 

 

サイチョウ3

 

 

もうなんだかよくわからない生き物に変身。

 

※頭をぐいっと後ろに反らせているので、

 首の内側から右肩にかけてが見えています。

 

 

サイチョウ4

 

 

ツノとクチバシのすき間に止まり木がジャストフィット!

器用にひなたぼっこしていたナナちゃんなのでした。

 

 

(R)