公益財団法人 えどがわ環境財団

文字サイズ
menu
MENU

自然動物園SIZEN ZOO

2014年09月の花だより

行船公園 ハナゾノツクバネウツギとムクゲ

赤色の彼岸花もそろそろ咲き始めたかな?と園内を散策していると、行船公園には植えられていないと思っていたお花を発見しました。

 

 

【ハナゾノツクバネウツギ】

園芸店などで販売される際は、学名の「アベリア」という名前で呼ばれています。

「ハナゾノツクバネウツギ」というのは和名で、その由来は花の落ちたあとの萼片の形が羽根つきの羽根に似ているというところからきているとされています。

 

 

【ムクゲ】

八重咲きのムクゲです。

朝花が開き、夕方にはしぼむ一日花として知られます。

一重のもので2?3日、八重の長く咲くもので2週間くらい一輪の花を楽しむことができます。

 

 

 

どちらも花期は長くハナゾノツクバネウツギは5月~11月、ムクゲは7月~10月まで開花します。


2014年09月10日

行船公園 彼岸花・白

昨日まで蕾だった白の彼岸花が開花しました。

 

園路の脇にひっそりと咲いています。

 

彼岸花の全体を見ると、茎だけで葉がないことに気が付くと思います。

花が咲いた後に葉が伸び、冬と春を越して夏近くなると葉はすべて消えてしまいます。

花と葉を同時に見ることはできず、葉のあるときには花はなく、 花が咲くときには葉はありません。
このことから韓国では「花は葉を思い、葉は花を思う」という意味から、「サンチョ(相思華)」と呼ばれています。

 


 


2014年09月09日

行船公園 彼岸花

平成庭園の彼岸花が開花しました。

 

 

園芸品種の黄色い彼岸花です。

 

このほかに赤と白の彼岸花にも蕾が付き始めていました。

2,3日後には、3色の彼岸花をお楽しみ頂けるようになると思います。

 


2014年09月08日

より良いサイトへと改善するためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は皆様のお役に立ちましたか?(必須)

このページに対するご意見・ご要望がありましたらご記入ください。(任意)
なお、ご意見お問い合わせへの返信は行っておりませんのでご了承ください。