江戸川区自然動物園

動物園の鳥たちの羽でドリームキャッチャーをつくろう!

 

ドリームキャッチャーとはアメリカ先住民族のお守りで、悪夢はクモの巣のようになった網に引っ掛かり、良い夢だけが真ん中の穴から通り抜けて子ども達のもとへ来るといいます。飾りには、知識の象徴とされるフクロウの羽を使い子ども達の枕元にかけておくのだそうです。

自然動物園で飼育しているシロフクロウやハヤブサ、チャボたちの羽を使ってドリームキャッチャーをつくり、新年のすてきな夢を捕まえましょう!

前半は、様々な鳥の羽の不思議を解説します。フクロウやペンギンの羽を手に取ってみて違いを観察してみましょう!

 

 

ドリームキャッチャーポスター


2016年10月13日