江戸川区自然動物園

自然動物園 ワシミミズクが仲間入り

 

ワシミミズクが新しく仲間入りしました!

体の大きさは、フクロウの仲間では最大級で、翼を広げると180㎝にもなるものもいます。

ユーラシア大陸の広い範囲に生息し、深い森や林、岩場など様々な環境で暮らしますが、その多くで生息環境が失われています。

ワシミミズクは、時にはキツネなど比較的大型の哺乳類も襲って獲物とすることが知られています。

ちなみに、フクロウとミミズクは同じ仲間で、耳のように見えるのは耳ではなく羽角(うかく)という飾り羽です。一般に、この羽角を持つものをミミズク、そうでないものをフクロウと呼びます。

 

シロフクロウを展示していた場所に、シロフクロウの代わりに出ていますので、みなさんぜひ見に来てください!

 

 

ワシミミズク

 

ワシミミズク2


2016年08月04日